ベルグループトップ > ベル・クラブ > スクールギャラリー

スクールギャラリー

2018年5月の風景

プリスクール

更新日:2018年5月18日(金)

驚くほどの“変化”を見ることができている5月です!

4月からスタートした新年度。
まだ2か月しか経過していないのに
できることがとっても増え、
子ども達自身も

“できてるでしょ!”

スタッフに自分のがんばりを
披露してくれています。

入口のガラス扉を叩き
「ママ! 来て~! 」と
大泣きしていた子ども達が
今では カバンを
「自分で持つ!」と言いながら
ママから受け取る姿に
スタッフも大感動です。

保護者様も
「こんなにできるんですね・・・」と
お子様達の成長に
気づかれ 
安堵していらっしゃるご様子に
私どもも 喜んでおります。

“気づき” の大切さ・・・
それは 離れて初めて わかる場合もあります。

自立、集団生活、学ぶ姿勢、
お友たちとの関わり、
ことばを遣っての
コミュニケーションの大切さなど
 初めて気づけた と
多くの保護者様から お声をいただきます。

“子ども達の力を信じること”

それが 私ども大人が
この時期 一番に大切にしていけることではないかと
子ども達の笑顔を見ながら 感じております。

いつも お力添えを頂き、
ご理解とご協力を頂き
心からお礼を申し上げます。

子ども達と いっしょに 全力で過ごしてまいります!
そして 一歩一歩を 大切に歩んで参りたいと考えております。
 

アフタースクール

更新日:2018年5月22日(火)

キラキラスクール

月曜日の午後からのレッスンですが、
いつもの元気に変わりは ありません!!

年少児さんは 少しずつ、
年中長児の子ども達は 自分たちで 

“けじめ”を 

つけられるようになりました。
もちろん プリスクールの時からの
基本の取り組みがある故に

今があります。

体操であっても やはり
大事なのは

“聴く力”

集中して聴ける力のある子ども達は
チャレンジする際 聴いた留意事項を
きちんと気を付けて取り組みます。
すると・・・

できちゃいます!

そんな時こそ
スタッフを間髪入れずに
「きちんと お話を聞いていたからだよ!」と
褒めます!!
すると 子ども達は
次から 誰よりも早く体操座りをし、
背筋まで伸ばし、聴く姿勢を
整えようと頑張ります!!

素晴らしい姿です!

この「聴く習慣」はもちろん
学習にも直結します。

体力をつけること、
何かに夢中になること、
チャレンジすること、
達成感を感じること

すべてが 自己肯定感を育む 大切な・貴重な時間だと 感じた5月でした。
 
 

更新日:2018年5月18日(金)

年少さんは 
疲れた~! 眠い~!
と 涙と汗を流しながら
到着する姿が見られています。

そうだよね
幼稚園で頑張ってきたんだもの
疲れて当たり前だよね。

年中さんは
そんな年少さんを横目に
「私は泣かないわ・・・」
という姿で 元気に「 Hello!」 と到着。

年長さんは 淡々と自分の支度をし、
宿題をスタッフに見せ スタンプをもらっている姿。

新年度のカリキュラムのスタートの風景です。

英語を学ぶにあたり
「声に出す」
「耳と口を英語に慣らし続ける

そして

「聞く力をつける」

これらは 英語の上達には欠かすことができません。
幼稚園生活の中で
日本語もどんどん吸収しながら
楽しみながら 英語も培っていきましょう。

Go Go, everyone!    

ジュニアイングリッシュ

更新日:2018年5月18日(金)

なんて素晴らしいのでしょうか!

1年生の子ども達のモチベーションの高さ!
2年生の子ども達の吸収力の速さ!
3年生の子ども達の読解力!

学校生活も楽しんでいる様子に
安堵しながら
英語に対する“やる気”が

さらに燃えちゃってます!
 
週1回しか 会えない子ども達ですが、
英語への不安が全く見えず、
とにかくもっと!もっと!と
いう 前向きな姿に
私どもスタッフも刺激を受けております。
 
日本人の子ども達が
“わからない” と 感じる部分が
ネイティブのスタッフだと
理解しにくい場合もあります。
第2か国語として
英語を学ぶ人間の一人として
混乱する理由、日本語の文法と異なる点など
様々な方向から 子ども達の

“わかった!”

聞けるまで 全スタッフで
とことん掘り下げております。
暑くなるこの時期。疲れがでないようにね!
Take care yourselves!
 
 

ハニークラス

更新日:2018年5月22日(火)

ママ達の笑顔が 本当に素敵な ハニークラス!

子ども達は 活動のたびに
ママのお顔を確認します。
するとその度に ママ達は
しっかりと子ども達の目線を受け止め、
とても上手にレッスンの
活動へ導いて下さいます。
その様な様子を毎週拝見していると
やはりママやパパが 子ども達にとって、
一番の先生なんだなあ・・・
と実感いたします。

クラスでの活動を ご家庭でも
発展させていただけ“何か”を
お伝えしていくのも 私どもの“任務”だと
感じながら、写真を撮影しておりました。


  • べるようちえん
  • キッズハウス
  • キッズクラブ・クックバラ
  • ベル・クラブ
  • ベルグループ